緊急事態宣言解除に伴う弊社の対応につきまして

現在を

「人と人とが直接対面しなくても繋がることのできるモデル」

の構築を社会が求められている状況と捉えるなら、自動車とは

「隔てられた空間を確保したまま移動できるモーダル」というライフライン

の一つであると考えることができます。
弊社は、4月17日の全国緊急事態宣言を受け、「三つの密」を避けるため、これまで以下の対応策をとらせていただいてまいりました。

新型コロナ影響での緊急事態宣言下での弊社取組について

お客様の皆様におかれましてはこの主旨をご理解下さった上、これまで好意的にご協力下さいまして深く感謝申し上げます。

先日緊急事態宣言が解除されました。
あわせて来月から本県でも、県外移動の自粛要請も徐々に緩和・解除される運びとなっております。

弊社としては引き続き、お客様・弊社社員、ひいては地域全体の安全衛生の確保という視点に立ち、これまで各店舗にて取組中の上記対策は、コロナウイルス流行の収束というターニングポイントを迎えるまでの間、引き続き実施いたします。

また、近日中の移動自粛要請の緩和に合わせて、今後の往来の増加が想定されます。

ついてはこのたび、今後コロナウイルス流行の収束までの間は、

お客様にご使用いただく弊社の代車・レンタカーについて

車の気密性を考慮に入れ、

  • 全てサイドバイザーを装着し(オープンカーを除く)、

  • ご返車後は空調を外気導入にし窓をわずか開け、1日間かけて換気したのちに、

  • 車内除菌用アルコールにて除菌してから、

通常の清掃・洗車を行うことと致しました。

今回の新たな代車・レンタカー策を加え、宣言解除を受けた弊社の対応策を、以下の通り更新致しております。

【5月28日現在】弊社の新型コロナウイルス感染予防対策(PDFファイル)

ご関係のみなさまには何とぞ行動変容にご理解のうえ、引き続きご協力下さいよう、よろしくお願いいたします。